同時にいくつものことは出来ないから、優先順位を考える

あれもやって、これもやってと、夢や想像に思い描くのは簡単です。
仕事をしながら将来のために貯金をして、資格の勉強をしながら自分磨きにジムに行って…
そういうことが全部できればいいのですが、なかなか世の中そんなに甘くはないし、やろうと思ってできるものではありません。
毎月のお給料では日々の生活でもかつかつになってしまいますし、ジムに行ったり貯金をするどころではありません。
そもそも、そんなに毎日の時間には余裕がなくて、したいことの半分もできないのが実情です。
でも、だからといって簡単にそれを諦めてしまうというのもちょっと違いますよね。
やることとやらないことを決めて、バランスを取りながら少しずつ目標に近づくのが大切なのではないかと最近は考えるようになりました。
例えば貯金をしながら、自分磨きや趣味を深めるというのはなかなか難しいでしょう。
なので、何を優先すべきなのかというのをしっかりと考えて、計画的に行動できるようにしたいものです。

30代にしておきたい17のこと(本田 健【著】 だいわ文庫)から、自分の人生を振り返ってみた

思わず2回読んでしまった。

専門分野にも目標達成型と展開型がある。

『目標達成型』
目標を打ち立てて、それに向かって成功する人。
20代にこれと決めたら、ずっとそのままの道を究めていく

『展開型』
何も考えずに目の前のあることに打ち込んでいるうちに、チャンスに恵まれて成功していく人。
上司からの命令だったり後押しされたりして、専門分野が変わっていくことがある。

自分の人生と照らし合わせてみると、

�@ 高校生の時に「数学の教師になりたい」と口に出して言い出すようになる。模試の時に書く志望校は毎回、数学科の教員免許が取れる教育学部、理学部、理工学部のところを必ず書いていた。

�A 大学生の時に塾講師をやって、一生懸命教材研究、授業をするうちに、これが楽しくなっていく。

�B 中学校の教師になってからは、教材研究の熱の入れようが年々強くなり、周りが見えなくなるぐらい没頭していることもしょっちゅうあった。

�C 数学の講師業に専念したいという気持ちが強くなり、中学校を退職し、プロ講師を目指してみようと思って、学習塾の非常勤講師(アルバイト)で応募する。

�D 大手学習塾で、模擬授業をやって、今まで一生懸命積み上げてきたことを評価してもらえた。

�@,�A,�Cの時点では、目標達成型
�B,�Dは展開型

こんな感じかな〜。

それと、今迄に出会ってきた人も退職して以降に出会った人も、自分と同じように自分の人生についてたくさん悩み、苦しんだ体験をした人が多い。自分の周りで起こることが、自分自身の行動によって引き寄せられていることを実感する。キレイモ 感想

人間にはやはり集中力の限界と言うものがあります。

私は副業でライティングの仕事をしています。
テーマは自由で本当に自由に書かせて貰っています。そこで1日の目標を最低10記事(4000文字程度)を納品する事と心に決めているのですが6記事位まではわりと順調にすらすら書けるのですが残り4記事になると私の脳ミソから限界ですコールが聞こえてきます。
しかし今事情があり来月から私の自由に使えるお金が半分になりそうなので何としてもコールが聞こえてきても書かなければいけないのです。
そして半分脳ミソは寝てる状態で布団の上であぐらをかいた姿勢をキープしつつ早一時間半が経ちました。
耳には音楽をガンガンかけて何とか起きている状態です。ついに指先が少し痛くなってきた(スマホで打ち込みしています)ので今日はこれで最後になるかもしれません。
やはり人間にはある程度同じ事を続けてるとどんなに好きなことでも効率が落ちるもので全然記事が前へ進みませんね!
あぁ宝くじか競馬で少し多目に当たらないかなぁと密かに願うのでした。